子育て

子どもに水いぼができた!どうする?治療法のメリット・デメリットまとめ

先日、子ども(幼児)に水いぼができました。

白っぽいプツプツが皮膚にできるやつです。

最初は「水いぼ」とういこともよくわからず、脇の下当たりに白っぽいプツプツができているなーということには気づいたのですが本人が「かゆくない」というので様子をみておくことにしました。ところが、少しずつ数が増えていきます。

 

保育園の先生から医者にいくよう言われ、その日に連れて行きました

 

結果、すべての水いぼを潰してなかのウイルスを全部出し、これ以上増えないようにするために
わきの下が血まみれになるまですべての水いぼを潰して治療することに・・・
子どもは四肢を抑えられて泣きながら治療を受けました。

 

同じ経験をされる方もいらっしゃるかと思い、水いぼについて纏めました。
(※一個人の調べたことですので、最終的には医療機関とご相談のうえどう対応するか決断なさってください。)

 

水いぼとは?

伝染性軟属腫ウイルスといわれ、夏に流行りやすい子どもに多い病気です。

白っぽいプツプツしたいぼが特徴で、直接的な皮膚の接触や物(浮き輪やタオルの共有)を介してうつる恐れがあります。

つぶすと白いかたまり(ウイルス)がでてきて、皮膚に付着するとうつります。

 

見た目の特徴

・肌色か少し赤い丸くブツブツで、中に白い液体が入っている。

・皮膚に痛みはなく、脇の下や胸部・腹部・背中・四肢にみられる。

・イボの表面に光沢を伴うことがおおく、透けて白っぽくみえる。

 

水いぼができたら

水いぼは自然治癒でも治るとされていますが、半年~1年かかる場合があります。

免疫不全でなければ、一時的に体に広がっても自然に治ります。

ただ夏のプール時期やその直前の場合は治療してしまったほうが、集団生活(幼稚園・保育園)でほかの子に移る心配もなくなるので治療をすすめる医療機関もあります。

一方で、自然治癒を進める医療機関もあり方針はさまざまです。

治療方法はいくつかありますので長所・短所をチェックしてみましょう。

 

自然治癒を待つ

【長所】痛くない

【短所】治癒に時間がかかる(半年~1年)。途中で増える可能性がある。

 

ピンセットでつまんでとる

ピンセットなどで、水いぼをつぶし中のウイルスを取り除きます。

【長所】すぐ直る可能性がある

【短所】痛い。水いぼのウイルスが残っているとぶり返す可能性がある。

 

我が家が受信した小児科ではこの方法でした。両脇の下から腹部にかけて広がっている水いぼをすべて潰したので、血まみれになって可哀そうでした…。

その後、1週間たたないうちにほぼきれいになりました。

 

ヨクイニンや漢方薬の服用

【長所】痛くない

【短所】服用する薬の量が多め。毎日服用が必要。2~3か月かかる。

 

液体窒素や硝酸銀ペーストで灼く

皮膚科で受ける治療方法です。

【長所】痛くない。数週間でなおる。

【短所】1回の通院で終わらない可能性がある。ウイルスが残っているとぶり返す可能性がある。

 

イソジン軟膏を塗る

うがい薬ではなく、軟膏タイプを使いましょう。綿棒などにつけ、水いぼ部分へつけます。

【長所】痛くない。1週間程度で効く可能性がある。

【短所】商品として水いぼへの効果をうたっているわけでなない。イソジンによって皮膚炎が悪化する可能性があるため注意深く使用する必要あり。

 

治療すると決めている場合は、早めに実行しましょう。

放置しておくと数が増えてしまいます。(実際、増えて拡がりました。。)

 

水いぼがあるときはプールに入れるの?

学校保健法での取り扱いは、登園・登校の中止の必要は無い。プールも禁止にする必要はないが、二次感染の恐れがある場合は禁止。

しかし二次感染の危険がある場合は禁止します。多数の発疹のあるものはプールでビート板んや浮き輪の共有をさけます。」となっています。

プールの水ではうつりません。

学校や保育園側の方針もあると思いますので、よく確認しておきましょう。

 

水いぼ対策と予防

 

皮膚のバリア機能が弱い状態だとウイルスが侵入しやすくなるので、アトピー性皮膚炎・乾燥肌・アレルギー体質の子どもは水いぼになりやすい傾向があります。

保湿剤で肌のケアをして皮膚があれることを防ぎましょう。

 

 

 

冬以外の季節でも肌の弱いお子さんにはしっかり肌ケアをして対策・予防をしていきましょう!

少しでもこの情報がお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

-子育て

Copyright© ワーママスープの未来へ一歩 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.