子育て

【子ども】子どもができるお手伝い(2~3歳編)

こんにちは。スープです。

みなさんは子どもにお手伝い、させてますでしょうか?

2~3歳のお子さんだと、「危ないことはさせたくない」「頼んでも、結局自分でやり直すはめになる・・・」など
お手伝いをしてもらいたくても、何を任せたらよいか、何なら進んでやってくれるか、悩みますよね。

 

でも、実は「子どものお手伝い = 投資」だと思うんです。

 

投資はお金だけが対象ではありません。

 

子どもが小さいうちはお手伝いをしてもらうにも、やり方を教えるところからはじまって、きれいにできず、親がやりなおして・・・結局 倍以上時間がかかってしまいますよね。

 

正直、自分でやったほうが早くて楽なんだけど・・・

 

ただここで チャレンジさせて、できたらほめまくって、お手伝いの楽しさを覚える(味をしめる)と

子どものほうから率先してお手伝いをしてくれるようになります。

 

よく考えてみてください。子どもにとってみたら、小さいうちは「触らないで。ママがやるから。」といっていたのに、そのうち「手伝ってよー!」に変われば、前といってること違うじゃん!ってなりませんか?

少し先の将来、「お手伝いしてよ~」(親)、「イヤー(だって、色々口出しされてうるさいんだもん)」(子)をこんな状況をさけるためにも、

まずは お手伝いのやり方を教え、親は任せ方を学び、
子どもに楽しさをしってもらう(=親が感謝をしっかり伝える)ことが大切です。

 

これは将来への「時間投資」と考えれば、楽しくなってきませんか?

 

この記事では2~3歳(幼児)からできる”お手伝いの見つけ方”と”お手伝いで得られる効果”、

さらに我が家で実践してるお手伝いの具体例をご紹介します!

 

任せるお手伝いの見つけ方

「~~お手伝いしてくれるかな?」と声かけしてみるのもよいですが、

子どもが自ら触ろうとしているものを、そのまま手伝ってもらうのが1番スムーズです。

例えば、床ふきをしようとしたら「かして!」「ちょーだい!」と言われたら

水ぶきや、クリーナーをすでにつけた布を渡して一緒にやる といったように

子どもが自ら手を伸ばしたことをそのまま任せてみましょう。

 

子どもは意外とかしこく、「自分もできそうかも」にとても敏感です。

靴をはく、服を着る、という身の回りのことにしても、歩けないような時期(月齢)からは主張はしないですよね。

「できそうかも」の考えがあって、「かして!」「やる!」という言葉(アクション)につながっているようです。

 

ただ、「おもしろそう」の場合もあるので、

本当に危ないこと(包丁を使う、火を使う など)は「危ないからもうちょっと大きくなってからね」と説明し、

そのほかのことは積極的にやってもらってよいと思ってます。

 

そして、お手伝いをしてもらった後は

「こんなこともできるようになったんだね!すごいね!助かったよ。ありがとう!」

驚きとともにしっかり感謝を伝えましょう

”驚きとともに”褒めると、とっても得意げで嬉しそうにしますよ。

 

え!すごい上手にできてる!すごいね~~! で息子はとても満足そうな顔してます

 

お手伝いすることで得られる効果

①自信がつく

お手伝いが”できた”ことによる自信と、親からの”感謝”によって自己肯定感が育ちます。

自己肯定感が高まると、自分自身を大切にする気持ちが育ちます。そしてそれは誰かを大切にする気持ちにもつながります。

 

②責任感がつく

任されたことをやり通す力が育ちます。家族のなかで役割を持つことで、責任感が育ちます。

 

③手先が器用になる

知育玩具で遊ぶこと以外でも、手先の器用さは育ちます。

手先を使うと脳に刺激がいき活性化する効果が期待できます。いろんな作業をお願いしてみましょう。

 

④考えるようになる

「どうやったらいいかな?」を考えるきっかけになります。

例えば、「このくつはどうやって並べたらきれいかな?」「どうやったら中身をこぼさずお皿を運べるかな?」とか。

最初は失敗もあるかもしれませんが、失敗しないとわかりません。暖かく見守りましょう。

 

⑤コミュニケーションが増える

お手伝いを頼む、頼まれる、できて褒める過程の中で自然と家族のなかでのコミュニケーションが生まれます。

普段忙しくて、子どもとのコミュニケーションが不足しがち・・・という方はぜひお手伝いをとおしてのコミュニケーションをおすすめします。

うまくできるようになると、コミュニケーションがとれる&家事が進む で一石二鳥ですよ!

 

 

お手伝いの見守り方

お手伝いをお願いする側(親)としては、「こうしたらもっと上手にできるよ」とすぐアドバイスしたり

手を貸したりしたくなりますね。

助けを求めてくるまでは できるだけ口や手を出さず見守るようにしましょう。

我が家でも口をだしたり手を貸そうとすると「言っちゃダメ!!」と嫌がられます。

困ったら親の顔をみたり、口にだしたり助けを求めてくるので、我慢しましょう。

先に手を貸してしまうと、子どもが考えて工夫する機会をうばってしまうことになります。

 

 

 

幼児のできるお手伝い <実践済>

我が家で実践しているお手伝いをご紹介します!

 

床ふき

自分がこぼした飲み物や、汚れた場所の水拭きをお願いしてみましょう。

きれいにできたらいっぱい褒めてあげましょう。

 

オムツにお名前ハンコを押す

我が家は保育園のもっていくオムツに名前ハンコを押す、というお仕事があります。

最初は変な場所に押したり、かすれていたり、逆さにおしたり、、、とさんざんでしたが、

名前ハンコが、2、3回押しなおされていても きっと保育園の先生は気にしません!(笑)

連絡帳に「オムツのハンコ押しを手伝ってもらいました!」と書いておきましょう。

オムツのハンコ押しには名前を押す場所がかいてあるオムツが便利です。

我が家はMamy Pokoを使ってます(安いし)。

お名前ハンコは最初は「兄弟が生まれてもいいように~」と、名前を組み替えられるタイプのハンコをつかっていましたが、

子どもに落とされたり投げられたりで、文字のピースがよく落ちる・・・

ということで、名前が元から入ったハンコを買いなおしました。大正解でした。
(3000円程度ですが、断然こちらがコスパ良し)

 

 

おもちゃの片づけ

夜寝る前にはおもちゃの片づけをすることを習慣づけたいですよね。

「○○も、お布団で寝るでしょ?おもちゃもお家に帰って寝たいんだよ、お片付け一緒にしよう?」と声かけしてみましょう。

 

小さいお皿運び

大皿は運ぶのは難しいので、小さいお皿や落としても割れないプラスチックのお皿をはこんでもらいましょう。

おはしやフォーク・スプーンなどもよいですね。

 

小さいゴミ箱へのゴミ袋設置

子どもの腰くらいの高さのゴミ箱であれば、意外とできます!

大きいゴミ箱は難しいので、できそうなサイズが家にあれば、お願いしてみましょう。

 

シーツはがし

シーツをつけるのは難しいけど、はがすのは楽しくて簡単!

はがして洗濯籠にいれるところまで、うちではお願いしています。

はがし始めは難しいようなので、シーツの端っこを手渡して「引っ張って!」といって

一緒にやってます。

 

 

玄関の靴をそろえる

思ったとおり並べてくれなくてもある程度きれいに並べられたら、すぐ直したりせず

まずは「ありがとう!」を伝えましょう。

大人でも自分のしたことに、すぐテコ入れされるのはあんまり楽しくないですものね。

 

脱いだ服をカゴにいれる

我が家はリビングで子どもは着替えることが多いので、脱いだ服を洗濯機のそばのカゴまで

持って行ってもらいます。

 

部屋の中のゴミ捨て

部屋の中に落ちているゴミを子どもが見つけたら、

「あそこのゴミ箱に捨ててくれる?」とお願いしてみましょう。

小さいうちは結構喜んで捨てに行ってくれますよ。

戻ってきたら、「ありがとう!」を忘れずに。

 

料理の下準備

野菜をちぎることは2歳前後からできそうですよね。

我が家ではピーラーをつかったニンジンやジャガイモの皮むきに3歳手前くらいで挑戦してもらいました。

「たのし~~!」と嬉しそうに手伝ってくれましたよ。(ジャガイモはでこぼこしているので、難しそうにしていました)

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

つい口や手をだしたくなるお手伝いですが、少し我慢して子どもが楽しく手伝いたくなる環境をつくっていきましょう。

お役にたてれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-子育て

Copyright© ワーママスープの未来へ一歩 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.